NPO法人健康と温泉フォーラムは医療、環境、施設等、温泉保養地に関わるあらゆる分野における専門家を中心とした団体です。
海外おすすめ温泉地情報 世界の温泉地データ一覧

■バード・メルゲントハイム in ドイツ

バード・メルゲントハイム

概要

ロマンティック街道の中の唯一の温泉保養地がバードメルゲントハイム。ドイツ騎士団(1525〜1809年)のお屋敷町として発展したこの町に、1826年に温泉が発見され、ドイツでも有数の湯治場として栄えてきました。ロマンティック街道に面したこの町は周囲にハイデルベルグ、ヴェルツブルグ、ニュルンベルグ、またシュットトガルトといった日帰り観光スポットにも恵まれ、また町の中に美術館や9ホールのゴルフ場んどもあり長期滞在者を飽きさせない工夫がされています。温泉は主に代謝系の疾患をもった保養客の療養のため飲泉という方法で利用されてきましたが、近年、もって手軽なコンパクトクア型(滞在ではなく外来を目的とした療養)の利用者も増えてきました。
特性
バード・メルゲントハイム温泉の泉質の特徴は硫酸マグネシウム鉱泉、硫酸ナトリウムを多く含んだ鉱泉が4つあり、それぞれの成分は異なっており、うち3つは飲泉として使用されています。成分別に多くの病気の治療に利用されていますが、特に、消化器系、糖尿、関節炎等の新陳代謝系疾患、整腸、皮膚疾患(アトピー、乾癬)などに効果があります。街の景観の美しさは、観光として訪れるのにもお勧めの保養地です。
how to access
フランクフルトから車で約1時間
世界の温泉地データ一覧


HomeColumnOn-LineFileSearchSite map




NPO法人健康と温泉フォーラムについてのご意見、ご感想をお寄せください。