Home 健康と温泉フォーラムとは 事業 組織
会員オンライン 情報ファイル お問い合わせ
組織

役員・専門委員プロフィール

故 大島 良雄 初代会長

明治44年生まれ。東京大学名誉教授。医学博士。FITEC(国際温泉気候連合)元副会長。東京帝国大学医学部卒。我が国の温泉医療の第一人者。岡山大学医学部教授、信州大学医学部教授、東京大学教授、埼玉医科大学教授を歴任。イタリア温泉気候医学会、アメリカ、チェコスロバキア、フランスのリウマチ学会名誉会員。また日本リウマチ学会、日本温泉気候物理医学会、日本アレルギー学会などの会長をもつとめ半世紀以上にわたり数々の優れた研究、指導、治療の業績を残し、平成17年1月11日逝去。享年93歳。

故 齊藤 幾久次郎 名誉顧問

大正3年生まれ。東京帝国大学医学部卒業後、群馬大学助教授、北海道大学教授として大学教育に永く携わると同時に、温泉医学の分野で慢性関節リウマチ、振動障害、脳血管障害後遺症等の治療・研究が専門。公立塩原温泉病院長、群馬大学医学部附属病院草津分院長、北海道大学医学部附属病院登別分院長、静岡県厚生連中伊豆温泉病院長として温泉療養に貢献。 現在、日本温泉療法医会名誉顧問。

白倉 卓夫 名誉会長

群馬大学大学院修了後、西独ゲッチンゲン大学に留学。群馬大学教授、群馬大学草津分院長を経て、現在、東京都多摩老人医療センター名誉顧問。この間、ギーゼン大学(バート・ナウハイム)に短期留学(文部省在外研究員)。日本温泉気候物理医学会会長(平成6年)を歴任。温泉関連著書に「温泉・お風呂健康法」保健同人社、「体と心に効く入浴健康術」同文書院、「草津温泉」草津町温泉研究会。「医者がすすめる驚異の温泉」小学館など。

三友 紀男 会長

仙台社会保険病院名誉院長 (専門はリウマチ性疾患の臨床と病理)
昭和42年3月東北大学医学部卒業、43年東北大学内科助手、50年同講師、昭和53年国立鳴子病院(現在の大崎市民病院鳴子温泉分院)内科医長、東北大学医学部臨床教授、昭和57年東北厚生年金病院リウマチ膠原病内科部長、平成11年同副院長、平成14年4月仙台社会保険病院病院長、平成18年4月同名誉院長。平成20年5月第73回日本温泉気候物理医学会会長。

合田 純人 常任理事

昭和24年生まれ。1986年の設立より'95年まで、健康と温泉FORUM実行委員会事務局長を務めた。世界保健機構(WHO)と公式関係をもつ国際温泉気候連合(FITEC)の、アジア・太平洋協議会(FAPAC)事務局長も1988年の設立以来兼任し、国内のみならず、アジア太平洋地域の温泉の健康利用と温泉保養地の啓蒙普及に務めている。豊富な海外視察の経験を活かし、イタリアやイスラエル、ペルー等の保養地を広く雑誌や新聞でPRし、温泉のグローバル化を積極的に進めている。

J.P バロン 理事

1948年スコットランド生まれ。ペンシルバニア大学卒業。同年、国際キリスト教大学大学院特別研究生として日本語ならびに奈良平安時代の国語史を研究。1975年、ロンドン大学東洋アフリカ研究学部にて博士課程修了。1980年、聖マリアンナ医科大学助教授を経て、現在、東京医科大学国際医学情報センター教授。10以上の医学雑誌の編集委員を初め、世界気管支学会理事及び事務局長、国際光力学学会事務局長を兼任する他、国際食道疾患学会、国際外科学会日本支部、日本気管支学会、日本肺癌学会、日本消化器病学会(The Journal of Gastroenterology)、アジア太平洋呼吸器学会、日本乳癌学会等の編集委員・顧問等として幅広く活躍している。医学書の英訳・編集は15冊以上にも上り、中でも2冊は日本翻訳出版文化賞を受賞するなど、国内外における医学界のcommunicationsに深く貢献している。

溝口 薫平 理事

昭和8年(1933)生まれ。高校卒業後、昭和30年より湯布院の自然保護、町づくりに携わる。町づくり運動が評価され、サントリー地域文化賞、西日本新聞文化賞、大分合同新聞文化賞を仲間の志手康二氏、中谷健太郎氏と受賞。運輸省交通文化賞を中谷健太郎氏と受賞。元経済企画庁経済審議会特別委員、元運輸省観光政策審議会専門委員、由布院温泉観光協会会長、由布院温泉旅館組合長を歴任して現在、湯布院町商工会長、(株)由布院 玉の湯 代表取締役社長。

上口 昌徳 理事

有限会社かよう亭 代表取締役社長
昭和7年3月6日石川県山中町生まれ(71歳)法政大学大学院卒業
昭和39 年〜 山名町町議会議員(通算1期)
昭和42年〜 石川県議会議員(通算6期)
昭和44年  北陸大谷高等学校副理事長
昭和48年  山中温泉観光協会会長
平成元年   北陸観光協会会長
平成 8年   山名町商工会会長
平成12年  加賀江沼食品衛生協会会長

首藤 勝次 理事

昭和28年10月7日生まれ 京都同志社大学工学部卒業後、昭和51年直入町役場に就職。ドイツとの国際交流など主に企画や広報を担当。平成10年10月に温泉療養文化館「御前湯」初代館長、平成13年4月、株式会社大丸旅館社長に就任。平成14年5月大分県議会議員に当選。
【著書】御前湯日記(西日本新聞社)、60年先を歩いていた男(直入町発刊)長湯温泉文化本(直入町)

杤本 正明 理事

昭和5年生まれ。株式会社 萬代 取締役会長
昭和44年創立のアルミ金属加工名北金属を始めとし、多くのマンション建設、戸建、マンション販売を行ない、平成元年、オテル・ド・マロニエ下呂温泉の運営を開始。以後知床半島内海にオテル・ド・マロニエ内海温泉 三重御在所にオテル・ド・マロニエ湯の山温泉を展開、愛知・岐阜・三重のそれぞれに健康志向、高齢者の増加、余暇の活用多様化に対応した天然温泉リゾートを展開している。有名温泉地に生まれた事が温泉産業に自然に目を向けさせた。
倉沢 章 理事

上松屋旅館 社長
昭和52年 上松屋旅館六代目友作襲名
平成5年  全旅連青年部常任相談役
平成7年  労働省委託事業旅館モデル就業規則検討委員
平成10年 全旅連労働問題研究委員会委員
     長野県ホテル旅館組合常任理事(事業委員長)
平成15年 全日本リトル野球協会信越連盟東北信ブロック理事長
平成17年 上田法人会副会長
平成18年 長野県旅館ホテル組合会常務理事
平成18年 別所温泉旅館組合役員
小山 芳久 理事

財)みずがき山ふるさと振興財団 総支配人
昭和29年9月30日生まれ。
昭和49年拓殖短期大学貿易課中退後アラバマ州にある釣具総合会社に入社。
帰国後、昭和52年(有)小山釣竿製作所山梨工場設立
昭和55年代表取締役就任
平成11年(財)みずがき山ふるさと振興財団 増富の湯支配人となり、平成14年同財団の総支配人となる。
現在、山梨県増富地区周辺を本格的な自然療法ができる森林温泉療養エリアを創りあげる為に、フォーラムのネットワークを活用している。
温泉利用指導者、高齢者体力つくり支援士、生命科学研修所整体療術師。
斎藤 兵治 理事

斎藤ホテル 取締役・相談役
立教大学経済学部卒。鹿教湯温泉地域暖房事業立上(昭和48-49年)。「健康の里」のコンセプトで鹿教湯温泉健康保養協会設立に参画、クアハウスなど健康ブームの原点を演出(昭和52-53年)。
通産省の助成を受けたパソコンフォーラム開催は上小地方の林間工業団地造成へのきっかけとなる(昭和55年)。
社団法人「21世紀ニュービジネス協議会」設立に参画、長野オリンピックの誘致運動などに参加(昭和62年)。
斎藤ホテルの建設準備に従事、時代に先駆けた個人客対象の温泉地ホテルの原型を開発(昭和63年)バブル崩壊後の最悪の環境でリゾートマンション分譲を成功させ業界の話題となる。
鹿教湯温泉観光協会恊会長時代(平成9年〜平成13年)「通り抜け茶会」「幻想冬紀行、氷灯篭」など長期イベントに取組む。
eRYOKANサービス株式会社設立に参加、旅館業界のIT革命提案。
現在、NPO・信州まちづくり研究会理事長、経営情報学会北陸甲信越支部長、(社)信州・長野県観光協会理事などを勤めながらイタリアのスローライフを象徴する独特な風土「パッセジャータ」普及活動を通しての温泉地再生に取り組んでいる。

坂本 展章 監事

昭和21年生まれ。早稲田大学第一商学部卒業後、昭和46年から昭和51年まで沖縄のリゾートホテルにて実務経験を積む。昭和51年、税理士事務所開業所長、昭和58年(株)連合会計システム設立、代表取締役社長、現在に至る。昭和61年、宅地建物取引主任者登録、平成3年、行政書士登録。現在、資産税を中心とした事業承継コンサルタント及び各契約顧問先の経営コンサルタントとして活躍中。

組織
Copyright(c)2004 NPO法人 健康と温泉フォーラム All rights reserved.